モテ男を仕留める方法

私は素人女性、玄人女性にかかわらず、自分の培ったスキルを講習として教えているのですが、
そこにも楽しい方々はやってきます。
今回はその中でも実に賢く、自分の人生を切り開いた方のお話をさせていただこうと思います。

※このコラムはご本人の許可を頂いて些少のフィクションを混ぜて書いています。

私は講習を始める前に、なぜこのスキルを身につけようと思ったのかを必ず聞いています。
理由は個々ですが、講習の方向性を決めるためには、とても大切なことなのです。
たとえば玄人女性なら、もっとユーザーを獲得したいからとか、
もっとスペシャリストになりたいからとか、そんな理由が並びます。
素人女性なら、元彼が興味があって恐る恐るやってみたらとても楽しくて、
本格的に覚えたくなったとか。彼氏に求められて渋々くる方もいらっしゃいます。

そんな中、今回の主人公の彼女の理由は実にユニークでした。
「いま好きな人がいて、その人は有名人でとてもモテる人で、
このままだとセフレで終わりそうなんです。でも私は彼と結婚したい。
だから他のどんな女にも負けない何かが必要なんです。
キレイな人はたくさんいるし、SEXが上手な人もたくさんいる。
私は容姿もSEXも並だとわかっています。でも負けたくないんです。
だから彼が興味があると言っていた性技を覚えて私から離れられなくしたい!
先生、私、これに人生かかっているんです!」

実に素直です。しかも賢い!
女性はこうでなくちゃ!!!笑
自分の人生を切り開いていく人というのは、こういうタイプなのでしょう。
こんな女性が奥様なら、旦那さまも幸せだと思います。
どんどん引っ張って言ってくれるでしょうし、影に日向にサポートしてくれるでしょう。

私は元来、女性とはとても強い生き物だと思っています。
母性とは、女性の中の男性性だと思っています。
強ければ、守ることも、責めることもできます。
そんな女性とともに生きられれば…男性はどんな困難にもぶつかっていけるでしょう。

俄然、応援したくなった私は、秘技と呼ばれる技術を惜しげも無く彼女に伝えました。
他のどんな女性がライバルでも、決して負けない秘技です。
男性の生理、男性の遺伝子、男性の生殖構造、人間の脳内物質コントロールから編み出されたそれは文字通り、
これを受けた人から離れられなくさせるものでした。
これ以上の快楽など、人為的ななにかを使わない限り不可能だとも思います。
まさしくそれに名前をつけるとしたら「禁忌」と付けたくなる。

もしも一介の風俗嬢が、この技術を掌握したとしたら、
あっという間に日本一に這い上がるかもしれません。
その女性に感情などなく、男性を手玉にとることしか興味がなかったとしたら、もはや悪魔の技術です。
一度でもそれを受けた男性は、彼女なくしては生きられないまでになるかもしれないからです。

したがって私はこの技術を秘技とし、公開していないのですが、
彼女の場合は状況が違いました。
彼女は素人です。そして目的が完全にロックオンされています。
彼女がそれを悪用するようには思えませんでした。
彼の心を手に入れたいために、決して安くない講習代を支払い、
私のところへ勇気を出して来てくれたのです。それに報いたい。

そうして2日間かけて、彼女には知識と技術の両方を教えました。
この2日間の彼女の目は本当に真剣で、私が呑み込まれそうなほどでした。
そうして手に入れた技術で、彼女は何度もなんども感謝を言葉にし、部屋を去って行きました。

それから1年後ー
彼女からメールが届きました。
なんと意中の彼と結婚が決まったそうです!すごい!!

彼女はその技術で彼をゲットできたと書いていましたが、
私は違うんじゃないかと思います。
彼女のその一生懸命さが、彼の心を動かしたのだと思います。
必死に、ただひたすらに、彼に気持ちよくなってもらいたい。
彼に悦んでもらいたい。その素直で一途な気持ちが、彼を動かしたのだと思います。
だって自分のためにそこまでしてくれる女性を、愛さない人なんていないと思いますよ…。
技術なんて、ただのツールに過ぎません。
もしも本当にその技術が悪魔的であったとしても、
それは単に身体を縛り付けただけで、心までは縛れないのですから。

彼女は、自分のオリジナルで、彼の心を縛り上げたんです。一生を共にしようと誓えるまでに。

おめでとうございます。
どうか末長くお幸せに!

関連記事

  1. 女性の理解力が求められる時代へ

  2. ある男の旅

  3. 性癖をカミングアウトするタイミング

  4. ドラマのような偶然

  5. コミュ障の時代

  6. 9.11はここにも…

PAGE TOP